FC2ブログ
11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

675 隕石が落ちてきた!! 

隕石
 小牧市内のN氏宅の駐車場屋根に、「隕石」が落下したことを報じた、中日新聞<10/13>夕刊の紙面・トップ記事です。

************************************************************

 少々、前のことになり恐縮ですが、いやいや、これには驚きました。

 去る10/13の中日夕刊を見た時に、「隕石 民家に ドスン」「小牧 駐車場の屋根に穴」の見出しと共に、実際の石と駐車場の屋根に穴のあいた写真が目の中に飛び込んできたからです。

 事の起こりは、去る 9/27朝、小牧市内に住む Nさん宅<拙宅とは かなり離れた地域です>玄関先で、ご自身が駐車場屋根を突き抜けた石を発見され、「ひょっとすると隕石かも知れない」との思いから、国立科学博物館<東京都>へ石を郵送し鑑定を依頼されたそうです。

 国立科学博物館の専門家が鑑定した結果、宇宙から来たことを示す放射線「宇宙線」が検出され、さらに、石の微粒子から46億年前にできた球粒隕石であることが分かり、「小牧隕石」と名づけられました。

 石の大きさは、10.5×8.5×4.5cmの大きさで、重さは550g。成分はニッケルを含んだ鉄の金属粒が内部にある可能性が高く、磁石に反応するそうです。

 國際隕石学会に登録申請する予定とのことですが、さらに科学的な鑑定がされ、最終的に<正式登録>となれば、国内では52番目となり、2月に岐阜市で発見・登録された「長良隕石」以来となるそうです。

 隕石とは、簡単に言えば、宇宙から地球上に落下した地球外の物質であり…、

 その落下する様子が、目撃された後に採集されたものと,落下する様子は目撃されていないが、後に偶然発見され採集されたものの 2種類に分類され、前者を Fall<目撃隕石>、後者を Find<発見隕石>と称し、区別されるそうです。

 このことから、「長良隕石」も「小牧隕石」も、「Find(発見隕石)」ということになるわけですが…、いずにしても、大変珍しいことで、地元では、ちょっとしたトピックニュースになっています。

 隕石だったとは驚きですが、 Nさんの話のように、「住宅街だったので、事故が無くてよかった」ということが、一番でしょう…。
 隕石の落下なんて…あまり考えたこともないけれど、ちょっと「宇宙の神秘」を感じさせてくれますね…。

************************************************************
カリヨン
 小牧駅西側の「カリヨン広場」の入り口にある「ハナミズキ」です。
 すでに紅葉・一部落葉の状態ですが、広場には他に紅葉している樹木なく、色彩やや地味で鮮やかさにも欠けますが、少々目を引く存在となっているようです。

************************************************************

[edit]

« 676 ウォーキングの距離は…。  |  674 夕暮れ時、「天ぷらそば」がユラユラ歩いてた… ? »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jjj10.blog.fc2.com/tb.php/720-dfb63cd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Date&Clock

最新記事

アルバム

全記事表示リンク

小さな小さな■ギャラリーです