FC2ブログ
11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

674 夕暮れ時、「天ぷらそば」がユラユラ歩いてた… ? 

ペチュニアです
 色鮮やかに咲くペチュニアです。花自体もやや大きく見事なスタイル・深紅の色合いを見せていました。
 時期的に、そろそろ終焉を迎えるのかな …? なごり惜しそうな雰囲気を、体全体に漂わせていました。ちょっと失敬してシャッターを押しました。

************************************************************

 いつものように、夕暮れ時のウォーキング…。周りが少しずつ暗くなっていました。最終コースの路地にやって来た時、前方から二人連れの女性がこちらの方へ歩いてきました。買い物帰りだったのでしょうか…?

 どうやら、親子連れのようです。接近するにつれ、しだいに様子が分かってきました。母親と中学生だと思われる娘の二人連れです。
 
 やがて、前方から微かに「いい匂い」が…。

 と同時に、今度は全く予想だにしない光景に遭遇…です。薄暗がりにすれ違ったお嬢さん…、実はインスタントの「カップ麺」<〇〇〇のタヌキ>を、ズルズルとすすりながらの歩き食いです…。

 それにしても、「カップ麺」を食べながらの歩行は、初めて見ました。
 
 菓子類を食べながらの歩行などは、珍しい光景ではなく、日常の見慣れたシーンでもあるわけですが、「カップ麺」を食べながらの歩行者に出会ったのは、とにかく初めてです。

 帰宅後、細君にこの光景を話すと、「へぇ本当なの? ちょっと考えられないことね…」との感想でした。

 やはり、私たちが、今の時代の波や流れに乗り遅れているのか…それは、よくわかりませんが、とにかく共に少々驚いたということです。

 ま、昨今では、驚くに足らぬ情景かも知れません。「菓子」を「カップ麺」に持ち替えただけのことではないか…と。
 嘆くな・騒ぐな…普通のことじゃないの ?…とのご意見もあるでしょう…。

 が、幼少の頃に、基本的な食事マナーをしつけられて育った私には、少々、異質な光景に出会った…ということです。
 
************************************************************
黄金色の夕暮れです
 夕暮れ時に見られた西空の様子です。ことさら強調することもない、ごく普通に見られる情景でしたが、何かしら静かな夕暮れのひと時に、少々心惹かれるものがありました。

************************************************************ 

[edit]

« 675 隕石が落ちてきた!!  |  673 ちょいと困ったね…でも、粋な計らいを。 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jjj10.blog.fc2.com/tb.php/719-ad864b57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Date&Clock

最新記事

アルバム

全記事表示リンク

小さな小さな■ギャラリーです