FC2ブログ
11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

644 「つぶやき」23万件・フォロワー9万4千人…84歳女性の溝井さん 

いつ降って来る
 つい今まで晴天だったのに、急激に黒雲迫って空を覆い、今にも豪雨がありそうな様子です。…が、しばし後に、薄い雲に変化し、雲間から薄日が差し込んできました。
 最近、こんな気象状況が時々見られます。自然現象は不可解で、予測などが難しく、気象台でも苦慮されているだろう…?と、思ったりしています<8/15午後>。

************************************************************

 現在、埼玉県東松山市にお住いの溝井喜久子さんは現在、84歳のご高齢の女性ですが、すこぶるお達者なご様子で、何よりの楽しみは、日々「ツイッター」での ご自身の「つぶやき」を発信されることだそうです。

 通算 8年間の発信記録はさらに更新中で、この間、『何がいいかなんて終わってみないとわかりません。』など…の2冊の本を出版され、その間、ツィッターでの「つぶやき」が 23万件…、
 そして、ご本人溝井さんのツイートに対する全国のフォロワーは、今や9万4千人を超えた…と伝えたのが、昨日<8/15>の朝日「天声人語」でした。

 「天声人語は」、溝井さんのツイートを追いつつ、「ページを繰って目にとまっ
たのは、戦時中の記憶や実感のつぶやきである」としていますが、
 実際には、溝井さんのツイートを読んでいない私ですが、「天声人語」を通して
溝井さんの心中の葛藤・焦燥の思いが痛烈に伝わってきます。

 唐突ですが、私は、終戦<1945/S20>を小学校低学年で迎えた「戦争の一部…そして、側面を直接経験している人間」で、あの、凄惨を極めた戦禍・戦後をくぐりぬけ、耐えてきた世代の一人です。 

 溝井さんは、勿論直接的に存じ上げない方ですが、誠に失礼ながら、私の人生の少し先輩になると思います。投稿されている文章・言葉・心理状態が、すべて胸を張り裂くほどの衝撃的なものとして感じ取ることができます。

 いみじくも、昨日<8/15>、73回めの「終戦の日」 を迎えました。
 溝井さんの言葉、「戦争を知らぬ世代が、日本を戦争のできる国へ造りかえようとしている昨今、戦禍に耐えた世代の直言は、ひときわ重みを増す」<朝日の記事のまま>…が、心にずしりとのしかかってきます。

 焦燥の思いを「戦争」へと絶対に繋げないように、私たちには、固い決意と行動力で示していくことが大切だ…と認識を改めて強くした次第です。
 溝井喜久子さんの、今後のご健勝・ご活躍を祈念したいと存じます…。

************************************************************
ペチュニア
 夏の花壇を彩ってくれるペチュニアです。近くにあるM産婦人科病院のエントランス横のプランターに咲いているのをパチリ…。インフォメーションCで 撮影許可をもらってのオート撮影です…。

************************************************************

[edit]

« 645 やられたね…。でも、こんなの初めてです。  |  643 あの頃が懐かしい…。 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jjj10.blog.fc2.com/tb.php/686-3ba40234
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Date&Clock

最新記事

アルバム

全記事表示リンク

小さな小さな■ギャラリーです