FC2ブログ
11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

628 北の空からの小牧山全景です。 

航空写真あ 
 カレダーの表紙写真部分<170×100mm>を 接写したものです。写真の上が南
・左が東の方角になります。

************************************************************

 書棚の中の、ある書類を探していて、偶然に目についたのがこのカレンダーでした。そんなことから、写真の小牧山周辺をごく簡単に説明してみようと思います。

 写真は、「カレンダー」の表紙に掲載された航空写真です。小牧山を中心に撮影されたもので、小牧市全体が写っているものではありません。市の中心部・市街区は、写真の左側に広がっていて、この写真には写っていません。

 まず、小牧市のシンボル的存在の小牧山ですが、写真をご覧になれば一目瞭然でしょう。孤立するように、東西にこんもりと小さく盛り上がった小山…です。

 標高わずか 86mという、一見…丘のような 感じですが、近時、この史跡が今や脚光を浴びる存在となっています。
 その理由は、織田信長と小牧山城の関係が、発掘調査・専門的な研究が進むにつれ、過去の歴史が一部塗り替えられるのではないか…とされる、新事実の数々が発見されてきているからです。昨年「続・日本100名城」にも選ばれました。

 小牧山の上の右寄り部分…、不鮮明で判別しにくいですが、やや広い面積を占めているところが航空機の離着陸する滑走路です<長さ 2,740m×幅 45m>。

 滑走路を挟んで、左側<東>に 航空自衛隊 小牧基地、そして 右側<西>が、県営名古屋空港<JAL・FDA/Commuter 航空/国内の主要 9都市を結んでいます>があります。自衛隊と民間が共用する空港となっています。

 写真右下に、ちょっびり見える道路は東名高速道路です。右<西>に進むとすぐに「小牧 IC」があり、東名・名神の境界線・起/終点でもあります。

 小牧ICを降りれば 名古屋高速に直結し、東名を東に進めば 小牧JCがあり、中央
道に繫がっています。小牧IC/JCは、交通の要衝・拠点であると共に 産業・物流の大動脈の幹線・基幹道路となっています。

 写真の上側<南>が名古屋市です。名古屋高速を利用すれば、名古屋市の中心部まで一直線 20分程度です。便利さと 時間短縮から、時として、名古屋高速を利用したいのですが、おっとどっこい、発車前から細君のブレーキがかかります…。
 ************************************************************
振り向いてパチリ
 一昨日<7/12>、7月末にイエンさんが帰国するので、記念品を買いに 名古屋へ行ってきました。横断歩道上で、背後に見えたJR名古屋駅のツインビルを撮ったものです。この日も電車で行きましたが、やっぱり、車の方がラクチンだよなぁ…。

************************************************************

[edit]

« 629 何とも奇妙な夜の西北の空です。  |  627 やがて、今年も夏まつりのシーズンが… »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jjj10.blog.fc2.com/tb.php/667-7ab8a8a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Date&Clock

最新記事

アルバム

全記事表示リンク

小さな小さな■ギャラリーです