FC2ブログ
11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

624 明日は「たなばた」…短冊のお願いが かなうといいね。 

暗雲の小牧山
 見る見るうちに暗雲が西空を覆ったかと思った瞬間、黒雲の隙間から帯状の太陽光線が小牧山の裾野を射すように照らしました。
 この間僅かでしたが、すぐに元の黒雲に包まれ、やがて凄い閃光・雷鳴とともに
大粒の雨が叩きつけてきました。

************************************************************

 一昨日< 7/4>、所用のため車で出かけた帰り道、少々時間があったので、途中の某スーパーの売り場をブラリと覗いてみることに…。平日の午後 2時過ぎの時間帯のためだったのでしょうか、店内は閑散としていました。

 店内を歩きだすと、やがて目の前に大きな「七夕飾り」が迫ってきました。そういえば、7/7の土曜日は「七夕の日」だ…と。
 お客様に、「願いごとや夢」を書いて楽しんでいただこう…との、ちょっとした発想・企画だと思いますが、これは粋な計らいではないか…と感じました。

 立ち止まって短冊を覗き込んでみると、買い物に来られたご夫婦・親子そしてご家族で、一緒になって書かれたと思われる短冊があちこちに…。

 例えば、「元気な赤ちゃんが生まれますように」と書かれた短冊が目にとまりましたが、生まれてくる赤ちゃんに、親としての愛情、心の慈しみや思いが素直にペンに伝わったのでしょう…。ほのかな温かみを感じました。

 子どもたちの願いには、こんなのが…。
 「あたまがよくなりますように」「サッカーのせんしゅになりたい」。女の子は「ほいくえんのせんせい」…と、小さくて可愛らしい文字が躍っていました。

 そして、こんな切実なお願いも…。「おこづかいをもっとふやして」…なんて。これはもはや、生活に密着した「リアリスティックな夢」であり、「お小遣い値上げの訴え・要求」そのものです。

 子どもたちの「本音や願い」がストレートに伝わってきて、読んでいて楽しくなりました。
 が、中には「早く便秘がなおってほしい」…と、少々品性を欠くお願いも。勿論これは大人でしょう。夢とは少々縁遠い願いごとに、思わず笑いがこみ上げてきました。    
 やはり、子どもは可愛いです。小さな子ほど、純真無垢なところが何ともいえません…。でも、私には…、いささか羨ましい七夕の短冊でした。

多くの短冊に実名が記されているため、撮影した写真は掲載をやめました>

************************************************************
緑の庭
 「駒止公園」の一角です。「石庭」ならぬ「芝庭」…と言ったら、ちょっとおかしいですね。緑の芝と数点の石の構成・バランスが美しいです。何よりも、芝生周りには特別の囲いや立ち入り禁止の立て札もなく、自然さがいいです。
雨の中の女子高生
 強雨の中、小牧駅に向かって帰宅を急ぐ女子高生たち<7/6・16:20過ぎ>。豪雨によって河川が氾濫し、大変な事態<水害被害等>が発生している TVニュースを見ました。心よりお見舞い申し上げます。

************************************************************

[edit]

« 625 コードレスイヤホン二代目  |  623 魅惑のお菓子…「ラウカウ」です。 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jjj10.blog.fc2.com/tb.php/663-a3960996
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Date&Clock

最新記事

アルバム

全記事表示リンク

小さな小さな■ギャラリーです