FC2ブログ
11 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 01

612 五条川堤防を少し距離を伸ばして歩く 

五条川下流
 いつものウォーキングコースより、やや川を下った場所です<写真/上が上流>。
 今、この地方では田植えが最盛期となっています。
 その影響なのかわかりませんが、川の水は全体に濁っていて、いつもの透き通った清流の趣は感じられず、橋の上から濁りの流れをじっと見つめていました…。

***********************************************************

 昨日<6/13>絶好の好天に誘われ、いつものコースより川下まで足を延ばして散策を楽しみました。
 梅雨入りが報道されて以来、今日で 3日連続の晴天が続いています。写真右側の建物は幼稚園です。子どもたちの元気な歌声が響いてきました。

 堤防上は、アスファルト舗装がされていますが、全体ではなく部分的な処理がされています。したがって、自然の状態…即ち、雑草や野芝の茂る「土の道」として残されているところも多く見られます。

 私は、五条川でのウォーキング・散策は、自然な土の道…即ち、自然のままの柔らかく・素朴な美しさがあり、凹凸があったり、雑草の生えているような自然な道を楽しみながら歩くコースを、セッティングするようにしています。

 コースそのものを固定せず、必ず「自然な土の道」を取り入れ、その時の気象状況や体調・気分等によって臨機にコースを変更・組み立てていくわけです。

 そんな条件を満たしてくれる自然が残る五条川<特に上流>は、近辺に比類なき素晴らしき好環境にある…と思っています…。

 楽しく歩くことが大切ですが、時には少々「びっくり仰天」することにも出会います。それは時々、草むらから突然「ヘビ」が目の前を横切ることです。
 私にとって「へび」なる動物は、大の苦手なのです。とにかく駄目です…。

 楽しく歩いている時に、「ニョロ、ニョロ」と音もたてず、ふいにやって来られては、たまったもんじゃありません。とにかく、肝をつぶします。全身が硬直してしまいます。
 嫌い…と言えば他にもう一つあって、彼の名を「ピーマン」と言います。

 姿・形はいいけれど、煮ても焼いてもまったく駄目です。要するに、「へび」族も「ピーマン」殿も、絶対に受け入れることができません。まるで子どもみたいですが、本当です。いや、お粗末な話となりました…。

***********************************************************
人に愛
 コース途中の ある場所で見かけました。よく、見たり・聞いたりする名句ですが、かのあまりに有名な詩人ゲーテの言葉…との一説もあるようですが…。

***********************************************************

[edit]

« 613 ウメの焼酎づけ…さて、今後の成果や如何に。  |  611 五条川で見つけた「ザクロ」の花です。 »

コメント

楽しく歩いている時に、「ニョロ、ニョロ」と音もたてず、ふいにやって来られては、たまったもんじゃありません。とにかく、肝をつぶします。全身が硬直してしまいます。
 嫌い…と言えば他にもう一つあって、彼の名を「ピーマン」と言います。

>> 山歩きをしていたときは 何気ない木の枯れ枝でも 
   飛び上がってビックリしたものです。
   でも
   ピーマンは 大好きな 夏野菜です。

 nasu_to_mato #GCA3nAmE | URL
2018/06/15 08:31 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jjj10.blog.fc2.com/tb.php/651-4348d531
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Date&Clock

最新記事

アルバム

全記事表示リンク

小さな小さな■ギャラリーです