10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

470  大群のムクドリを撃退する一匹オオカミ<鷹> 

 ここ数日、天候不順が重なっていたため、散歩の頻度・間隔に少し間が空いていました。昨夕は良い天気で気温もいつもに比較して低く感じられたため、久しぶりにウォーキングに出ました。

 最近<夏>は、我が家ををスタートして、名鉄小牧駅を中心にして鳥瞰図的に見ると、大きな長方形の形の街並みを歩くことにしています。夕刻のため、仕事から解放されて帰宅中の多くの人たちの群れに出会いながら、いいろいろな夏ファッシ
ョンが見られて楽しいものです。  

 最近の若い人たちの服装は、なかなかお洒落でハイセンスでとてもカッコいいです。でも、ジロジロ見るわけにはいきません。
 女性の方には失礼ながらチラリ…と目を流すわけですが、中には、ハッ…と、思わず振り返って眺めてしまうような素敵なファッションや歩き方の女性の方にも出会います。

 歩きながら、ふと何気なく上を見上げると、面白い光景に出会い写真に撮りました。下がその時の写真ですが、特別珍しい光景でもありませんが、何故か思わず iPhone のカメラを向けたのでした。そして、いつか見たTVニュースの一場面を思い出していました。

スズメ 電線にとまっていた鳥たちですが、この風景は…特別何も珍しくありません。でも、ついシャッターを…。

************************************************************

 TVニュースとは、大群のムクドリが街中の街路樹をねぐらにするため、毎夕、すごい数が集まり、大声で鳴き・糞をするため困ったあげくに、鷹匠にムクドリの撃退をしてもらったという報道内容でした。

 行われたのが、どこの都市だったか…記憶が定かではありませんが、二人の鷹匠のうち、一人がまだ若い18歳の女子高校生だったことに驚き、鮮明に覚えています。映像では、鷹に追われて逃げ惑うムクドリの大群の様子が映っていました。

 今、動物たちの鳴き声や糞害・食害に困っている方たちや自治体が全国にたくさんあります。そのうちの一つの事例が、都市部の密集地のビルや街路樹などで見られるということです。
 動物と言っても、その種類は種々雑多で、例えば、ハト・スズメ・カラス・ムクドリ・ヒヨドリ・カワウ・アオサギ・コウモリ・サル・イタチ・ハクビシン・野ネズミ・モグラ・野良ネコ/イヌ・シカ、そしてクマなど…実に多種多様です。

 この状況を解決する<駆除・撃退する>ための専門業者が存在するとは聞いていますが、最近の珍しい方法として行われているのが、例えば、ムクドリ・ハト・カラスなどに対して、天敵である鷹を放って、これらの鳥類を撃退するプロフェッシ
ョナルの「鷹匠」の方たちが居られます。

 これは、駆除<銃・薬剤等で殺害する>するのではなく、鷹を恐れる鳥たちとの関係<天敵の関係>を利用して撃退するわけです。

 鷹を恐れる鳥たちは必死に逃げるものの、ほとんどは逃げ延び、場所を変えるだけで絶滅には至らないそうですが、しばらくは「恐怖の学習経験」から元の場所へ近寄らなくなるそうです。動物愛護からも、一定の評価がされているようです。

 時々TVで紹介されるのが、サル・イノシシやシカなどによる農作物・樹木の表皮への食害です。特に、農家の方たちが、汗水流して丹精込めて育てられた農作物が、一夜にして彼らの食害にあって全滅するなど…見る者の心を引き裂きます。

 都会でも農村でも、今、動物たちの人間生活への関わりが、悲鳴を上げる異常なほどの現実部分となって増幅していることに大きな憂いを感じています。
 人間と動物たちの共生・共存について最善の工夫が望まれますが、やはり難しいのでしょうか…。ウォーキングの歩を止めて、電線上の鳥たちをしばし仰ぎ見ながら、ついこんなことを思ったのでした…。

***********************************************************

カラスの群れ 夕刻にカラスの大群が集まってきます 

DSCF3111.jpg 暗い写真の後は、少々明るい写真を…

***********************************************************

[edit]

« 471 本日は開店休業です。  |  469 KIA「日本文化教室」の盆踊りに行ってきました。  »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jjj10.blog.fc2.com/tb.php/505-ab97e0ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Date&Clock

Calendar/2015

リンク

最新記事

アルバム

全記事表示リンク

小さな小さな■ギャラリーです