09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

466 無邪気な「たっくん」…との出会いがありました。 

 昨日の 8/21<月>の午後 5時に、ベトナム国籍のAさんが子どもを連れて我が家にやって来られました。Aさんは、30代前半の女性で、日本に来られてから既に10年になり、日本人男性と国際結婚し6歳の男の子のお母さんです。

 日本の生活にも慣れ、日本語能力試験N2にも合格し、日常会話や基本的な日本語の読み書きもほぼ不自由しないレベルの実力をお持ちです。

 Aさんとは、数年前に 市民会館内での「日本語・漢字教室」で Aさんが生徒・私
が指導者としての出会いがあり、それ以後、知己の友人としての関係となって現在に至っています。

 Aさんのご主人には、一年前に KIA主催の 国際交流のイベント会場で顔見知りと
なり、言葉も交わしています。とても物静かで落ち着いた物腰の柔らかい紳士だな
ぁ…というのが、初対面での印象でした。
 とても子煩悩で、坊やを 肩車に乗せ、Aさんがご主人にぴったりと寄り添って会場内を見物されている光景が瞼に強く残っています。

 その Aさんから、「子どもの勉強を見てもらえませんか…」との話があり、いろいろ話を聞いた結果、「少し、様子を見てみましょうか…」ということで、昨日の午後に Aさんと坊やが我が家にやって来られたということです。

yjimageLS57I17S.jpg
この写真は本文と関係ありません。<Yahoo無料写真から>

************************************************************

 坊やは6歳で来年の4月から小学校へ入学予定です。坊やの愛称は、たっくん…と言います。家庭では小さい時から日本語で会話し、日本の生活に完全に溶け込んで日本人の子どもと変わらないとのことでした。

 Aさんから坊やのことについて、①現在、ある学習塾に 週2回勉強に通わせている ②なかなか勉強に集中できずすぐ飽きてしまう ③このままでは 学校でうまく適応していけるか心配…などと、困られていること等が話されました。

 特に②について心配が強かったようです。確かに、少し「ひらがな書き」の練習をしましたが、学習への集中力に欠け・継続学習ができない<すぐ勉強に飽きてしまう…>様子が見受けられました。
 そして、最も顕著だったのが、片時もお母さんから離れることができないことでした。

 Aさんにとってみれば、日本の生活に慣れ・ご主人が日本人といっても、異国での初めての子育て・日本の学校教育のことなど、とにかく当面の不安が大きく、ましてや本当に理解し合い、心から信頼して話し合える・相談できる友人も少ないのでしょう…。

 何とか、相談相手になり、少しでも力になってあげられれば…、身近に支援できるようなことがあれば…との思いを持っているわけですが、小さな坊やの勉強の相手はとても難しいと思っています。
 専門的な幼児教育の心理学的な指導基本も持ち合わせていません。引き受けるとすれば、かなりの覚悟が必要でしょうし、責任もあります。

 愛情をかければ…なんて甘いものではないでしょう。動物扱いの調教では人間性や人格を阻害します。そんなことは勿論、論外です。暫く少しずつ興味づけの遊び的な勉強が必要かもしれません。いずれにせよ、試行錯誤が必要だと思います。

 どうなるでしょうか…。今後の結論は出ていませんが、無邪気な「たっくん」…が、どのように変容し・受け入れてくれるか…、それもわかりません。いろいろな考えが錯綜したのでした…。

***********************************************************

yjimageKCMYUBXH.jpg ランドセルは夢も詰まっているんです

fu.png 美女の形容として使われる芙蓉花です

**********************************************************

[edit]

« 467 凄い・怖い…雷神さんがやってきた。  |  465 ベトナムの珈琲とお菓子をいただいた »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jjj10.blog.fc2.com/tb.php/501-0974bb0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Date&Clock

Calendar/2015

最新記事

アルバム

全記事表示リンク

小さな小さな■ギャラリーです