09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

456 電子辞書が大けが…が、何とか小康状態に。 

 長年愛用してきた電子辞書がついに部分損傷しました。彼の名を、カシオ電子辞書…正式機種名を、XD-V6300 と言います。

 誕生日は、2003年の8月です。今から 14年前です。誕生した場所は 定かではあ
りませんが、いずれかの製造工場で、精密部品の組み合わせによって誕生し、ルートを経由して店舗の店頭にデビューを果たしたわけです。

 私との出会いは、2003年の11月の16日でした。当時、彼はとても優秀な子だと巷の評判がよく、彼を愛する人たちもたくさんいました。実際、当時の私もそうした風評に引き寄せられ、市内の大型の家電量販店へ彼の顔を見に行ったのでした。

カシオ XD-V6300
カシオ電子辞書/XD-V6300 の雄姿です。傷つきながらも頑張ってくれています。

************************************************************

 陳列ケースに収まっていた彼の体型は、厚さ最大幅11mm最薄9mm、重さ<単四乾電池2本含んで> 200g…という 実にスリムな体つきをしていました。実際に
手に持って見ると、実に軽く、手にフィットするステンレスの少し冷ややかな感触がとても心地よかったのを覚えています。

 機能的には、広辞苑/逆弾き広辞苑<約23万項目収録>以下、全部で32種類の辞書に類する機能が詰め込まれ、今でこそ当たり前ですが、その時は、実際に操作しながら、そのハイテクぶり、クオリティーの高さに驚いたものです。

 価格ははっきり覚えていませんが、今と同じくらいの 3万円台後半ではなかったかと思っています。当時の私にとっては、高嶺の花でした。

 意を決して購入したのが、今から 14年前のことです。以来、常に 机の端に鎮座
し、それこそ、かなりの頻度で酷使してきました。それだけ頼りになり、なくてはならない相棒であったわけです。
 それが、ついに部分破損するに至ったという訳です。極めて残念、悲しきことこの上なしと言った状態です。

 破損した部分とは、液晶枠のステンレスに深く亀裂が入り、人間でいうと、大きな切り傷から内臓部分が見えるほどの重傷を負ったのでした。
 機能的に、もう駄目かと思いましたが、驚くなかれ、重傷にも拘らず、動作・操作に堪え、歯を食いしばって頑張ってくれました。

 このほど「お客様相談室」に修理について相談したところ、結果として既に製造中止となっているため、部品等がなく修理を諦めざるを得ませんでした。

 とても残念でしたが、機能的には健在です。今でも立派に活躍をしてくれています。当然、このまま放置したり・処分することは忍び難く、考えた末、薄いステンレス板で損傷部分を補強することにしました。

 今は、素晴らしい接着剤が簡単に手に入ります。強力な金属専用の接着剤を購入し、これを損傷した部分に張り付け、完璧ではありませんが、補強することに成功しました。

 少しぐらつきますが、何とか気をつけていけば、未だ暫くは活躍してくれそうです。撫でながら眺めていますと、愛着がわいてきました。
 愛おしいものです…。血は通っていませんが、なぜか温かみすら感じます。とにかく、最後まで彼につき合っていこう…と改めて決めたのでした。

************************************************************
 
カシオ辞書
歴戦の勇士 EX-word XD-V6300 です。上部右側の液晶枠部分を補強しました。

************************************************************

[edit]

« 457 単純明快、平易な英語で話す・書く     |  455 7/28の「中日春秋」を読む。 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jjj10.blog.fc2.com/tb.php/491-18252d23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Date&Clock

Calendar/2015

最新記事

アルバム

全記事表示リンク

小さな小さな■ギャラリーです