10 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 12

438 Pさん、入社試験合格おめでとう…。 

 拙宅へ日本語の勉強に来ているTさんから、ベトナムにお住いの先輩の女性<Pさ
ん>が、ホーチミン市内の 日本企業の入社試験を 受けるため、履歴書の 点検・指導をしていただけませんか…という依頼を受けた。

 Pさんは、かって日本に研修生として来日され、日本国内の某企業で3年間、仕事に携われた経験の持ち主である。したがって、日常生活における日本語の基礎的・基本的な「読み・書き、そして会話」ができる方だった。

 実際に Facebookでのメッセージをやり取りしたり、電話で直接に会話をしていて、高い日本語能力レベルをお持ちの聡明な女性…と感じた。
 何よりも、Pさん自身、ベトナム国内の大学院で 経営学修士号を取得されている方であり、相応の知的レベルの方と想像できたのである。

 最近、某メディアのインターネット関連の日本企業が、ベトナム人を対象に正社員を募集する旨の情報を得、応募の決心をされたということだ。当然、本人の履歴書提出が義務付けられているため、懸命に作成されたとお聞きした。

 併し、日本語のデリケートな表現に自信がなく、さらに履歴書特有の書き方があるため、不安があり、ぜひ日本の方に見てもらい、具体的な指導を受けたいとのこと…。そのことを Tさんが聞き、私に相談があったという訳である。

 実際には次の内容について留意していただいた。
 ▼職歴とその記述内容について…職場・職域で、どのような努力をし、どのような改善や成果を上げたのかを、具体的かつ簡潔にまとめる。 
 ▼希望する企業での希望・動機について…日本企業への入社希望の動機・理由は何か、日本企業のどの分野・領域に関心を持っているか、その仕事への希望の根拠と仕事への意気込みを簡潔に箇条書きにする。 
 ▼学歴・免許・資格等の記述について…高度で重要なものにしぼって記入すること。絶対に虚偽の記入はしない。その他、日本では面接が重視されること、面接時の注意点について具体的に説明。

 6/24に、Pさんから入社試験の合格を知らせるメッセージを受け取った。特に具体的な重要事項や注意事項の指導を受けていたため、日本語での面接にも緊張することなく落ち着いて受け答えができました…と、感謝の言葉が書かれていた。

 朗報に接し、自分のことのように大きな喜びを感じた。それにしても、外国籍の方から、履歴書作成の相談を受けるなど思いもよらなかったが、何とかお役に立てたようだ。Pさんには、今後のご活躍を心から祈りたい…。

PP履歴書
Pさんが書いた履歴書に<朱>を入れたものです。これを元に説明をしました。 

[edit]

« 439 小さな親切、みんなの心を幸せに…。  |  437 可愛らしい 名も知らぬ子に出会いました。 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jjj10.blog.fc2.com/tb.php/471-32516925
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Date&Clock

Calendar/2015

リンク

最新記事

アルバム

全記事表示リンク

小さな小さな■ギャラリーです