09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

435 胡蝶蘭が、蕾<つぼみ>をつけました。 

胡蝶蘭 三人兄弟
長く伸びた茎に、見事5個と3個の蕾をつけました。よく頑張ってくれています。
何とか蕾を鮮明に…と数回撮りましたが、私の腕とポケットカメラでは限界です。



 細君が 友人に胡蝶蘭の子どもたち 10鉢をいただいた…という駄文による記事をNo425<6/1>に書いたが、
 最近、そのうちの2鉢の子どもが、小さいながらもしっかりした蕾<つぼみ>を5個<写真左>と3個<写真中>の計8個つけているのを見つけた。他に1鉢<写真右>が溌溂と茎を伸ばしているが、蕾ができている様子は見られない。ほかの7人きょうだいは、皆元気そのものである。

 いただいた直後は、まだまだ子どもだから、今年の開花は無理だろうと半ば諦めていたが、こんなにも元気に育ち、蕾を8個もつけてくれるとは予想だにせず、少
々大げさだが、感・極まれり…といったところである。

 No425<6/1>にも書いたが、私たち爺・婆の老夫婦は胡蝶蘭の正しい育て方をよく知らない。二人共に農業・園芸関係の経験・知識ゼロと言ってよい…。
 
 知識がなければ自ら学ぶべきであり、学ぶ手段と方法はいくらでもあるが、なかなか手をつけようとしない困った御仁であり、何とも恥ずべき状態なのである。

 このままの状態で子どもたちは成長し、果たしてつぼみを見事に咲かせてくれるのか私たちにはわからない。やはり、人間と同様の育児の基礎は必要だろうか。…と、ふと思ったりもする。
 が、私には、自然の環境条件・自然の成長力を基本的に尊重していくべきとのスタンス<stance>は変わらない。もうしばらく観察すると、変化が形となり、自然そのものの大切な根幹が見えてくるであろう…と思っている。

 「鳴くまで待とう」か「鳴かせてみせよう」か、はたまた「殺してしまえ」なのかは、「さが」…人それぞれだろう…。ただ、信長型の「殺してしまえ」は単純細胞・鈍感神経の私でも、それはちょっと待てよ…となるのである。

 少々意味合いが違うが、これが意外と多いパターンになるのではなかろうか。つまり、ついうっかり「枯らしてしまう」<殺してしまう>ということだ。「尊厳ある・命ある生き物」だ。注意を払い、命を守り抜いてやらねばならないと思う。

 それにしても、自然の力は凄い…。例えば夏の炎天下、道路わきのわずかなコンクリートの割れ目から、雑草が逞しく成長し、小さいながらも綺麗な花をつけている様子に出会うことがあるが、そんな雑草の生命力には驚嘆することも多い。
 
 なぜか、咲いている花が実に可憐で美しく感じるのである。こんな素晴らしき情景に遭遇した時に、神経が揺さぶられ・感動させられるのだろう…。それが自然の持つ力であり、自然の本当の美しさだ。
 何とか、胡蝶蘭の子どもたちには、力強く かつ 繊細に、そして 美しく育ってほしい。少し勉強しながら「激励と感謝の言葉」を続けていくつもりである…。

[edit]

« 436 漫画本特化の公立図書館が増えているそうです。  |  434 6/18<日>は、とても感激しました。 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jjj10.blog.fc2.com/tb.php/468-f59232a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Date&Clock

Calendar/2015

最新記事

アルバム

全記事表示リンク

小さな小さな■ギャラリーです