09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

424 小牧山城が、「続 日本100名城」に選出された !! 

続小牧山城100選出
小牧市民会館の正面入口に掲示中の祝小牧山城「続日本100名城」選出のポスター


 最近、小牧市市民会館正面入口ガラス戸に、(祝) 小牧山城「続日本100名城」選
出…と書かれた大きなポスターが掲示されているのを見た。私はこのポスターがいつこの場所に張り出されたのかは知らなかった。最近、たまたま市民会館を訪れ目にしたのであった。

 「日本100名城」という言葉は聞いたことがあるものの、その内容についての詳しい知識等は有していなかった。ましてや、「続…日本100名城」に至っては、全く知らなかった。それにしても、「続」とは言え、日本100名城に選定された…とのことだから、地元にとっては特別のニュースではあるまいか。

 知識がないため、早速 Wikipediaで調べてみたが、「続日本100名城」とは、数ある日本の城のうち財団法人日本城郭協会が2017年に定めた名城の一覧であり、
同協会が 2017年に迎える 設立50周年の記念事業の一環として、2016年に日本国
内の名城と呼ばれる城郭を公募し、2017年4月6日の「城の日」に発表した。

 2006年に発表された 日本100名城に続くものとして選定を求める声があり、選
定は 約500城の候補から6人の専門家が行い、前回100選で史実に即して復元され
ていないとして落選した城も選定された…とあった。

 それにしても、こんなニュースが市民に知らされていないとは…少々残念なことである。選定後に発表されたのが 4/6だから、市教委発表があり、市広報で広く市民に知らされてもよい。
 しかし、いずれも記事を目にした記憶がない。…が、 おそらく 既に何らかの形で周知済みであろう。結果的に私が Overlook していたのだと思っているが、もし事実なら、ついにボケ発症か…。いやはや、恥ずかしく・哀れなことである。

 織田信長が<永禄6年/1563年>に築城したとされる小牧山城だが、2004年~現在に至る長年の発掘調査や城郭考古学の権威的専門家による研究によって、極めて貴重な新事実が続々と発見・究明され、今後の発掘・調査の結果次第では、日本城郭史が塗り替えられるのではないか…とも言われているのである。

 残念ながら、今に残る建造物はなく、現在は京都飛雲閣を模したコンクリート造りの小牧市歴史館が別名「小牧山城」とされ、あたかも信長の「小牧山城」として小牧のシンボル的存在となっているのである。
 かって、山頂に建っていた城の実態が明らかとなり、漸次全容解明が進展し、やがて再建されるようなことにでもなるならこれこそ凄いことで、まさに夢のような話であり、市民こぞって願う戦国ロマンとなるのではなかろうか…。

小牧山城
早朝の小牧山です。私のポケットカメラでは、これが精一杯のズーム撮影です。

[edit]

« 425 胡蝶蘭の子どもたちよ…、美しく・元気に育て !!  |  423 小牧市国際交流協会総会が開催された »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jjj10.blog.fc2.com/tb.php/455-83fa124f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Date&Clock

Calendar/2015

最新記事

アルバム

全記事表示リンク

小さな小さな■ギャラリーです