09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

420 同窓会とは、実にいいものです。 

名鉄小牧ホテル
定例の同窓会会場の名鉄小牧ホテルです。ビル地下に名鉄電車小牧駅があります。


 昨日5/21<日>は、中学校時代の同窓会だった。学校は地元の中学校で、第3学年当時の学級数は8クラス・生徒数は412名を数える大規模校だった。
 クラス単位による開催ではなく、学年合同の同窓会で隔年開催となっている。昨日の参加者は 同窓生が 全部で54名、お招きした恩師の先生がお一人の、計54人という、こじんまりとした同窓会であった。

 8クラス/412名の在籍数だった当時を思えば、参加者の激減ぶりは想像しにくい部分があるかもしれない。出席できない諸事情もあろう…。
 故人となった仲間たちも多い。ご出席をいただけた H先生以外の、7名の恩師の先生方は 既に他界されているのである。諸々の状況を踏まえれば、54/412の数字は、必ずしも 驚嘆の数字ではないようにも感じるのである。

 いずれにせよ、同窓会とはいいものである。隔年実施という短期の間隔での実施は感激も薄い…と評する御仁もおられるが、老兵となった今では、逆に、近々に互いに顔を突き合わせて近況を語り合い、健康を喜び・気づかいながら盃を傾けられるのは、何よりも嬉しいものだ。

 受付を済ませると、すぐに旧交を温める会話と握手が繰り返される。この一瞬が実にいい…。すべてが満面の笑みである。いつも女性の数名は、和服の正装で参加してくれるが、これがまた何とも落ち着いた風情を醸し出し、実にいい。結婚披露宴にちょっぴりと似た華やいだ雰囲気になるから最高である。

 会が始まって、95歳になられた恩師のH先生のかくしゃくたるご挨拶には舌を巻いた。日々、自転車で買い物に行く…との言葉には皆が驚き、敬意の拍手と共にますますのご壮健を願ったのであった。
 代表幹事の女性 Kさんの挨拶は、ユーモアに富んだ簡潔な話でよかった。何たって、挨拶は短いのが大歓迎されること間違いなしで、世の常である…。

 今回は、午後に大切な来客が予定されていたため、会終了の前に席を立たざるを得なかった。恩師の先生・仲間に本当に申し訳なかったが、詫びの言葉をかけながらテーブル席を回りつつ、会場を後にした…。
 夜、幹事の Nさんから、「次回の役員に、あなたが決まったからよろしくね」との電話があった。「欠席裁判だし、二度目だ」と、Nonと言ったが聞き入れてもらえず、最後はギブアップ…観念せざるを得なかった。 

仲間と共に
同窓会に参加した麗しき老老男女の仲間たちです。会場の名鉄ホテルロビーにて。

[edit]

« 421 ベトナムの「Pho」が、とてもおいしいです…。  |  419 国際化の波…という名の現象です  »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jjj10.blog.fc2.com/tb.php/450-1f843413
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Date&Clock

Calendar/2015

最新記事

アルバム

全記事表示リンク

小さな小さな■ギャラリーです