09 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. // 11

399 退職〇〇連盟主催の作品展出品の案内が来た…。 

昨日、退職○○連盟の支部から、第4回の会員交流の 作品展への
出品案内・要請がきたので、早速、出品する作品を用意するため
に近くのカメラ店に出かけた。

以前は、CADによる建築図面のトレース・建築模型を出品してき
たが、昨年から、写真を出品するようになった。
写真を出品するようになったのは、特別な理由があるわけではな
く、たまたま、ブログに掲載した写真を見た方から、「なかなか
いいですよ…」と冗談のお褒めの言葉をいただき、「豚もおだて
りゃ、木に登る」…のパターンにはまって、その気になっての出
品になったのが本当のところである。

この、交流の「作品展」の歴史は極めて浅く、今回でようやくに
して、4回目を迎えるホヤホヤの展覧会で、出品者は毎回ほぼ30
名ぐらいだろうか…。
当然にして、技を競うための「作品展」に非ずして、あくまでも
会員同士の親睦・交流が目的の「展覧会」なのである。それぞれ
が日々、趣味として楽しんでいる身近な作品を持ち寄って展示し
ているわけで、優劣などは関係ないのである。

そんな雰囲気の会であり・作品展だから気が楽だ…。私の場合は
第1回の時から参加・出品しているが、勿論、この作品展のため
に意識したり・改めて作品づくりはしていない。

写真ならば、今までに撮った中で、何とか気に入ったものを少し
大きく引き伸ばして、額に入れるだけである。したがって…、作
品自体も、普段着で、特に人様に自慢げにお見せできるようなも
のではない…。
何か矛盾するようだが、正直に言えば、恥をさらし・少々恥ずか
しく感じているのだが…、私はそれでいいと、やや大げさだが達
観しているのである。

写真展へ引き伸ばしに出した作品は、昨年の夏ごろのブログに添
付した写真で、マンション下の交差点から小牧山を眺めたアング
ルのものである。
当然、この「作品展」を意識して摂ったものでもなく、ごく素人
の撮影した目の前にある普通の風景写真である。もう一枚、最近
撮影した夕暮れの交差点の様子を写した写真 ≪これも最近のブロ
グに添付したもの≫を出品しようかと思ったりしているが…、
これはどうなるか、まだ自己判断・決定できていないのである。

展覧会は、1/20~1/25、駅前ラピオ4F「市民ギャラリー」であ
る。少々の楽しみが心を踊らせてくれるのである。愉快かな…。

DSCF3106.jpg
昨年の夏に撮った…夕暮れ時の交差点と遠望小牧山の景色です。

[edit]

« 400 中日紙夕刊コラム「紙つぶて」を読んで…。  |  398 電柱・電線に囲まれた日本…その実態とは。 »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://jjj10.blog.fc2.com/tb.php/429-33116ece
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Date&Clock

Calendar/2015

最新記事

アルバム

全記事表示リンク

小さな小さな■ギャラリーです