01 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. // 03

556 ストレッチンング 

夜のビルの谷間 夜のビルの谷間の風景です。殺風景な景色の一部分を切り取っただけのものです。

************************************************************

 今日はセントラルフィットネスクラブで、ジム専属トレーナーのMさんから、ストレッチを指導いただきました。

 ストレッチとは、よく使われる言葉であり・よく聞く言葉です。皆さんよくご存知で、何を今さら…となりますが、私自身は、知っているようで、恥ずかしながらよく理解できていませんでした。
 仮に、テスト問題として出題されたら、答案用紙には正確に答えが書けそうにありません。そこで、広辞苑<第4版>を開いた結果、次の説明がありました。

 即ち、ストレッチングに同じとあり、ストレッチング<stretching>とは、「全身の筋肉と関節を伸長する体操。スポーツのトレーニングと準備運動・健康増進のために行う<ストレッチ>」…、とありました。

 要するに…、
 ある種の運動を行う場合、からだ全体の筋肉と関節部分を伸ばしたり・縮めたりして、主たる運動に急激で極端な負荷をかけないように、徐々に体全体を慣らしていく準備のための運動および、健康を保ち、さらに増進させるための基本運動…ということになるのではないかと、勝手に自己解釈をするに至りました。

 勿論、私はスポーツに縁遠く、得意な運動種目等も持ち合わせていません。私の中学時代は今のように部活動の仕組みはなかったため、運動への関わりはまったくなく、
 高校時代は 卓球部に所属していたものの、2年間、一部員として名を連ねていた程度です。大学時代は、運動関係は、全くの0<ゼロ>の状態でした。

 したがって、運動関係の深い関わり・知識はない…といってもよいでしょう。かといって、運動が嫌いなわけではありません。子どもの頃は、ソフトボール・野球<いずれも仲間との遊び>に興じましたし、中学時代は何が間違ったのか…クラス対抗の水泳大会の50m平泳ぎの選手として選ばれたりしました。

 余分な話はさておき、もとに戻します…。

 フィットネスクラブでのストレッチを指導していただいて、随分身体が軽くなった気がしました。トレーナーのMさんは、「体全体が硬いですね」「毎日、少しずつでいいですから、ぜひ続けてやってください」…との指摘を受けました。

 指摘は当然…と感じました。私は、以前から屈伸した姿勢で両方の手のひらが床に着きません。最近では床から5cm程のところが限界です。Mさんから「今後は部
分的な筋肉屈伸・柔軟運動が必要です」…との注意をいただきました。

 言われてみれば、まさにその通り…。優しく・丁寧に、激励してくださるMさんの言葉に、少々の危機感とやる気が出てきたようです。うれしいですね…。

************************************************************

綺麗に咲いています 元気に・美しく・凛々しく咲いてくれています。赤紫が 7個、白が 9個咲いています。

************************************************************

[edit]

555 二胡の本物の音色に心揺さぶられる…。 

二胡フォット
中国弦楽器の二胡です。哀愁を帯びた美しい音色で知られる中国の伝統楽器です。

************************************************************

 2/17の土曜日 11時に、小牧市の南部コミュニティセンターへ出かけました。用件は、二胡のレッスンの見学をさせていただくためでした。
ことのきっかけは、こうです…。
 去る1月21に、小牧市国際交流フェスティバルに出かけた時、ステージで、二胡の グループの方たちの演奏があり、その 素晴らしさに感動し、少し 実際の話を聞
いてみたい…と思ったのです。

 数日後に、KIA事務局を通じて当日の演奏者だったAさんを紹介いただき、Aさんから「 2/17に 専門家の先生の指導を受ける日ですから、よかったら見に来てください」との嬉しい電話がありました。
 
 当日、センター2階の教室の廊下で、ある女性が声をかけてこられました。
女性の方とは初対面でしたが、紹介されていたAさんだとすぐにわかりました。椅子に座り、互いの簡単な自己紹介・レッスン内容の説明をいただきました。

 時間がきたため、レッスン室に案内され、二胡の先生を紹介いただきました。名刺をいただきましたが、ご本人の 写真の左側に、Wa...ng K...n と印刷されていたため、すぐに中国の方だとわかりました。ごく簡単に自己紹介をいただきましたが、日本語がとてもうまい方でした。以下、Waさんとします。

 事前にAさんから、私のことをお聞きになっていたのでしょう…。
WaさんとAさんは 言葉を交わされながら、すぐレッスンに入られました。個人レ
ッスンです。A さんが曲を弾き、時々、Waさんが良くない部分を具体的に指摘をしつつ、実際に演奏しながら指導をされました。

 Aさんの音色にも感心しましたが、指導されるWaさんの二胡の深い憂いを含ん
だ弦が奏でる音色は驚きそのものでした。私の貧弱な言葉では、とても 適切・的
確な表現はできません…。
 改めて、Waさんから戴いた 名刺を見直しますと、名刺の裏には 音楽家の肩書
のほか、「二胡、横笛、 揚琴、作曲・編曲」とありました。

 レッスンは40分程続きましたが、私自身、レッスンの中に引き込まれていきま
した。後ほど Aさんから聞かされましたが、Waさんは、中国では 第一線の演奏
家として勿論のこと、作曲・編曲家として高名な方だそうで驚きました。

 やはり、一流の方は、話し方、物腰、雰囲気までも違います…。レッスンの実
際を間近で見せていただけるなど、考えてもみなかったです。
 本当に素晴らしい場面に出会うことができました。感謝この上なし…です。

 実は、この後、Waさんに お話を聞きたかったのですが、その機会がなく実に
残念でした。
 さて、結論として、私自身に少々不安なことがあり、結論を未だ出し切れてい
ません。機会を見て、Aさんに 相談しようかと思っています。今、二胡の素晴ら
しさに心動いています…が。

**********************************************************

市民病院新設 昨日は久しぶりに小牧山に登りました。建設中の新しい市民病院が見えたので撮影しました。

**********************************************************

[edit]

554 それにしても、感謝しきりでした。 

きれいだよよ
昨日<2/17>、午後 4:20ころの様子です。前とよく似ていますが、赤紫の花が三つになり他の鉢と合わせて四つになりました。

***********************************************************

 吹けば飛ぶよな、チッポケな賃貸マンションですが、このほど入居されていた方が退去されることになったため、居室内点検をさせていただきました。
 これは、どのような物件の所有者の方でも、退去者があった場合は、退去される前に実際に使用されていた居室内外の損傷・異常個所・修理の有無等を調べさせていただく総合点検です。

 約束の日時に、管理会社のHさんと共に点検を実施させていただきました。立ち合いは奥様<お子さんと一緒>とおばあちゃんで、ご主人は仕事の関係で来られませんでした。

 「長い間ご入居いただき、ありがとうございました」「それでは、今から点検させていただきます」の挨拶で、いつもの点検箇所・項目に従って開始しました。

 しばらくして気づいたことですが、居室内全体がとても綺麗なことでした。
 特に、炊事場はいつも綿密に点検させていただきますが、とても綺麗に清掃・管理されている…と強く感じました。
 次がトイレとバスルームです。が、この何れも特に問題なく、むしろ、隅々まで綺麗に磨き上げられている…ということを感じました。
 特に、床部分は大きな傷もなく、モップがけも定期的にされていたようで、清掃がゆきとどいているな…と感心させられました。

 点検項目に従って、綿密にチェックをしていきましたが、クロスの一部分を除いて×が付いた点検箇所はありませんでした。クロスの部分損傷・汚れ・日焼けなどは自然消耗の範囲です。

 入居を希望される場合は、必ず契約前に面接をさせていただき、こちらから、居室の使用・集合住宅での住まいのルール、他の入居者の方たちとの人間関係などについて、いくつかのお願い・厳守事項をお話します。

 最終的には、あくまでも、自分の家だと思って丁寧に・美しく・清潔に扱ってください…と、かなり厳格にお願いしています。

 その結果が退去時の点検で全てがわかるわけですが、今回の場合は、入居直前の状況とほとんど変わらない美しさ、不具合無き状況でした。
 むしろ、「綺麗に使っていただいて、ありがとうございました」…と奥様に感謝の言葉を述べたほどでした。
 
 ご夫婦の「借家住まい」に対するきめ細かな配慮・気遣いに感謝しましたが、とても気持ちよく最後の挨拶を交わすことができました。
 市内に家を新築されたのですが、このご夫婦なら、きっと 20年~30年先でも新築に近い状態での家が保たれていくことでしょう…。

 誠実なご夫婦に、今後に幸多かれ…と、思わず祈りました。
 早速、補修の上、いつものハウスクリーニングの Fさんに、さらに綺麗にしていただき、新しい入居者の方を迎えたいと思っています。
 さて、どんな方が入居されるでしょうか…。その出会いが楽しみです。

************************************************************

IMG_1344.jpg 駅西交差点より北の方角を見ています。

************************************************************

[edit]

プロフィール

Date&Clock

リンク

最新記事

アルバム

全記事表示リンク

小さな小さな■ギャラリーです