03 // 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. // 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

tb: -- | cm: --

410 朝日デジテル版を読む。ペーパーとは違うメリットが…。 

最近、日常生活で変化してきたことの一つに、珈琲が好きになった
ことが挙げられる。このことについては、以前、小欄にも少し書い
た覚えがあるが、それが定着・長続きをしているのである。

珈琲を淹れるのは、細君の手を煩わせることは一切なしである。自
分で湯を沸かし、自分の手で淹れるのである。ただ、大げさに珈琲
を淹れる…と言っても、珈琲通の方たちが、「豆から珈琲を…」と
いう格好いい・本格的な淹れ方をするわけではない…。

するわけではない…と言ったが、本格的な珈琲は残念ながら自分に
はできないのである。珈琲の知識もなく・道具などもない…おまけ
に、それほどの意欲もなく・めんどくさがりや…そんな状況・環境
であるから、インスタントが自分にはピッタリで、至極当然の姿に
帰結しているのである。
恥ずかしながら、それだけのことである…。ところが、インスタン
トものといって馬鹿にしたり・侮ってはいけない…。最近のものは
香りといい・味といい…そこら辺の喫茶店の珈琲と比較しても、決
して遜色ないと言っても過言ではなかろう。自分はこれで十分なの
である…。

さて…、余分なことを書きすぎたが、我が家での一日は、朝の珈琲
を飲みながらの新聞読みからスタートするのである。
我が家では、朝日と中日の二紙を購読しているが、はっきりとした
年月の記憶がないが、この「朝日デジタル版」が開始された直後か
ら、電子版の購読をしているのである。

このデジタル版は、実に読み易いし・扱い易いので気に入っている。
私の利用の仕方は、本来のペーパーの全体をざっと読み通し、その
後に、この「デジタル版」を開いて、じっくりと読み直していくわ
けである。
朝日の記事を二度読みすることになるが、何の抵抗もない。むしろ
記事復習読みのような形になり、理解・記憶に好影響を来たすよう
に感じているのである。

ペーパーとの比較をすると、一番のメリットは何と言っても、活字
の拡大が自由かつスムーズにできることである。しかも、この操作
が簡単で、マウスの操作だけで何の苦も無く、活字が鮮明かつ必要
な大きさに拡大され、楽に読みとれるのが実に嬉しい…。最近、視
力の衰えた私には全くの好都合なのである。

その次にいいのが、読む時に、ページを左右に大きく広げたり、時
には、ページをたたんだりと…いった煩わしさがまったくないこと
である。例えば、ベッドでの生活を余儀なくされている方や障害の
ある方には、とてもメリットがあるのではなかろうか…。

そのほかにもあろうが、この二つは自分にとっての突出したメリッ
トである。自分の場合はダブルコースで、一か月+1,000円の購読
料になるが、特に大きな負担にはなっていない。

別に、「朝日デジタル版」を宣伝しているわけではない。いいもの
はいい…と感じて、ここに書いているだけだ。朝日の評価もいろい
ろあるが、いいから読んでいるだけだ。中日は地元紙。地元の記事
は中日でないといけない…ただただ、それだけのことである。

DSCF3476.jpg
冠雪した伊吹の峰がよく見えました<写真右側>。私のポケット
カメラでは駄目ですが、肉眼では、とてもきれいに見えました。
スポンサーサイト

[edit]

409 「ジカ熱」の恐怖…、真剣に・身近に感ずるべきだ。 

このほど、WHO<世界保健機構>が、感染症 「ジカ熱」の拡大
蔓延兆候の危機を警告するために、「緊急事態宣言」を出した。

それにしても、「ジカ熱」とはまったく聞きなれない病気で、初
めて耳にした時は、一瞬…「インフルエンザ」に類似するウィル
スによる呼吸器系の疾患かと簡単に聞き流したが、朝日の記事を
読んで、この感染症「ジカ熱」の実態を知り、少々驚いた。

「ジカ熱」とは、ジカウイルスが起こす感染症で、患者からウイ
ルスを含んだ血液を吸った蚊が、ほかの人を刺すことによって感
染が広がる…という。
症状は、発熱や頭痛・筋肉痛などの症状が出るが、そのほとんど
が軽症で、感染しても特に症状が出ない人もあるそうだ。

となると、なんだそれほど大した感染症ではないではないか…と
なりがちだが、そんな軽々な受け止め方をすると…大変だ。特に
深刻なのは、新生児の小頭症と筋力低下を伴う神経疾患が確認さ
れていることだ。

新生児の「小頭症」については、誕生時に命を落としたり、重度
の障害を負ったりすることが知られ、極めて危険な要素を持った
病気であることが知られてきている。
ブラジルでは、異常ともとれる小頭症の新生児の出産件数が明る
みにされていることから、関係当局が出産前の調査をしたところ
妊婦が「ジカ熱」に感染していた事実が分かっているそうだ。

特に、ブラジルでは、この8月から第31回夏季オリンピック大会
が予定され、世界中から選手・役員、報道関係者・観覧客・観光
客などが大挙して訪れることが予想されることから、その防疫対
策に躍起となっているのである。

わが国では、これまで海外で感染し帰国後に確認・報告された事
例が 3件あるそうだが、幸いにも国内での発症事例はまだないそ
うだ。
この「ジカ熱」のウイルスを運ぶのは、主にネッタイシマカや日
本にも生息しているヒトスジシマカだそうである。ヒトスジシマ
カと言えば、昨年、東京都内で大騒動を引き起こし・問題となっ
た「デング熱」の記憶が鮮明に残っている。

「ジカ熱」事件が遠く中南米での騒ぎ…なんて、簡単に片づけ・
油断をしていると、大変なことにもなりかねない。国内へのウイ
ルス潜入も、最近では驚くほどの速さで侵入してくる実態がある
からだ。
相手は、「高性能なエンジンを持った小型軽量の低音飛行のステ
ルス戦闘機」で、ウイルスを運ぶのである。これを気づかないう
ちに極細の発射管で撃たれれば…無防備の生身の人間などは実に
モロイもので、「痒み」を感ずる頃はすでに遅し…だ。

慌てずの防御対策・作戦を、今から夏に向けて徹底的に練り・備
え・対処することが重要だ。くどいが、昨年の「デング熱」騒動
の「二の舞い」にならないよう、心したいものである…。

yjimage[1]
Yahoo検索「ヒトスジシマカの画像」より 恐るべき相手です。

[edit]

408 KIA主催の「国際交流フェスタ」が開催された。 

去る 1/31<日>、通常ならば 「日本語・漢字教室」の学習日だ
ったが、小牧市 国際交流協会<KIA>主催の「国際交流ふれあい
フェスタ」開催のため、休講日となった。

現在、小牧市に正式登録をされている外国人は、2016年1月現在
で、51か国7,519人の多くを数えているが、小牧市では「国際交
流協会」<英称:Komaki International Association 略称KIA>会
長/山下小牧市長>が設立され、市民と外国との交流や市内在住外
国人の方々への支援・援助・交流事業を通して、市民とのふれあ
い事業・交流行事等が定期的に開かれている。

この内、「ふれあい事業」の一つである今年の「ふれあいフェス
タ」は実に盛況で、中日紙は、来場者が1,000人以上あったと報
道している。
ブースでは、「国際屋台」が開かれ、各国の自慢の料理が紹介・
ふるまわれた<日本からは、のり巻き寿司>ほか、各国の伝統行
事や世界の遊び・バルーンアートも紹介され、ステージでは中国
舞踊やブラジルダンス・和太鼓演奏・愛知文教大の小牧戦国少女
隊の演舞等が披露され、その華やかさに拍手喝采を浴びた。

特に今年はメインに「防災」に関わる講座が企画され、NHK名古
屋放送局の協賛による「出張防災寺子屋」が行われたことが目を
ひいた。
これは、「地震」などの自然災害に対する、理解と心構え・とっ
さの行動・避難の仕方などをクイズ形式で学んだり、行動の仕方
を実際に学んだりするものだった。特に、外国人の方たちにとっ
ては、いざとなった場合の情報の収集や避難をする実際を体験的
に学ぶことは、とても意義あることであると感じた。

多くの子どもたちが参加したステージでのクイズ形式の「防災教
室」は、NHKのドーモくんや他のぬいぐるみたちが演ずる可愛く
・ユーモラスな動きが会場を沸かし、親子ずれで埋まった会場が
盛り上がった。

そんな中でも特に、テレビでお馴染みの名古屋放送局の気象予報
士の寺尾さんによる興味深く・親しみやすい話があり、とても印
象的で外国籍の皆さんにも、具体的な事例を通しての分かり易い
防災学習になったのではないだろうか…。

会場内では、「お茶席」が用意され、希望する外国の方たちに対
して「抹茶」が提供された。「着物」の試着体験も開かれたが、
多くの若い外国人の女性たちに大人気で、艶やかな着物に身を包
み、満面の笑みで会場内を歩く姿が実に微笑ましかった。

当日は、我々「日本語・漢字教室」へ交流協会からの協力依頼が
あり、5人の指導スタッフが参加した。
それぞれが、「国際屋台」の係として手伝った。私自身の直接的
な関わりは、これで 2年連続となったが、次の機会があれば、喜
んで参加・協力をしていきたいと思っている…。

DSCF3513.jpg
2/2 中日朝刊に掲載された記事と和服姿を喜ぶ外国人女性の写真

[edit]

プロフィール

Date&Clock

Calendar/2015

リンク

最新記事

アルバム

メールフォーム

全記事表示リンク

小さな小さな■ギャラリーです

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。